Pocket
LINEで送る

前篇に引き続き、後編にて下記4名の専門家に、

  • 新型コロナウイルスの影響を受け、これからの不動産投資業界の見通し
  • このような非常事態に備えて、自社の体制について

について伺いしました。

不動産投資を検討しているだが、本当にスタートしていいかどうかで悩まれている方は、ぜひ参考にしてみてください。

トラスティーパートナーズ株式会社 代表取締役社長 関野大介


関野代表のエージェントページ

新型コロナウイルスの影響を受け、これからの不動産投資業界の見通し

不動産投資は基本金融機関ありきの投資商品となりますので、融資が使える環境であれば、逆に今はチャンスではないかなと考えています

既に不動産投資をされている方は、売却を検討されている場合は、売却益にて収益を得ることになりますが、ただ、家賃を得る、インカムを取り続けるという形で経営をしていくという意味では、リーマンショックの時もそうですが、今回のコロナショックにおいても、インカムによる収益率は大きく変動しないと思います。

つまり、不動産投資は保有するという意味では非常に強い商品だと思います。

逆にこれから本来インフレで動いてきた日本の経済は、コロナショックの影響でデフレになっていく中で、価格はこれからどう変動するかは見ものになりますが、逆に買い時の市況になっていくのではないかと思います。

とは言え、実際に価格はどれくらい下落するか私にもわかりませんが、株式市場と大きく違うのは、不動産投資はファイナンスが使えることです。手元にあるキャッシュに依存することなく、企業で言うとバランスシートをいかせる、やはり融資を受けられるという信頼力をベースにすることができる商品としては、不動産投資は非常にポジティブであると考えています。

このような非常事態に備えて、御社の体制について

弊社は創業して依頼会員制を取らせています。不動産投資業界においてプッシュ型、プル型セールススタイルがある中で、弊社はプッシュ型を珍しく排除した会社ではないかと考えています。

お客様からのご紹介が基本的なセールスになっていますので、今はコロナウイルスの影響でリモートによる対応に切り替えてミーティングを通して、打合せを重ねて、最低限の手続きだけはFacetoFaceで対応するようにしています。

今はWebで面談させていただき、そのあと電子署名契約で物件の申込書だったり、個人情報の保護の同意書だったりなどの確認書類を交付して、電子署名が完了し、審査フェーズにおいても審査書類のやり取りは郵送で対応し、審査が通り次第にご契約と金消契約を締結する段取りにしていますので、会員制だからこそお客様にこのような対応にご協力頂けるのではないかと思います。

これから不動産投資を検討されている方は、売上が下がった、その会社の経営に不安を感じている方も多いと思いますが、弊社においては例年に比較して、売上が伸びしていますので、コロナウイルスによる影響はないと考えています。

関野 大介(せきの だいすけ)

株式会社明光トレーディング 専務取締役 立花秀一


立花専務のエージェントページ

新型コロナウイルスの影響を受け、これからの不動産投資業界の見通し 

ユーザー側のマインドは少し下がったかもしれません。コロナがある程度落ち着くまではこの状態は続くと考えられます。

全体的なことですが、今後経済にもかなりの影響が出て業績不振、リストラ、就職難、リーマンショック後のようなことが起こるでしょう。

また、今後金融機関も審査基準を少し厳格にしていくのではないかと考えます。 先のことを考えると例えば今はローンが組めても、3か月先はわからない状況です。

つまり、審査基準ぎりぎりの人はやれる時にやっておいた方が絶対に良いので、外部環境の変化で機会的損失にならないように早めの行動をとるのが良いと思います。

今回のいわゆるコロナショックで株価は30%以上、下がりました。 正直、今後もまだわからない状態です。

一方、東京都心のワンルームマンションの家賃収入はなんの影響も受けていません。

今後ホテル、民泊、オフィスビル、店舗、高級マンションなどの賃料は影響が出る可能性はありますが、東京都心の単身者用ワンルームマンションはさほど影響はないと考えます。

以上のことから不動産投資業界全体は厳しい時代が来ると思いますが、東京のワンルームマンション投資業界は限定的ではないかと考えます。

このような非常事態に備えて、御社の体制について

新型コロナウイルス対策の特別措置法に基づく「緊急事態宣言」が政府より発令されたことを受け、弊社では規模を7割縮小して営業を行っております。

通常時よりも出勤人員を7割削減して営業しておりますが、不動産投資をご検討されている方の対応は、リモートワークなどにて対応しております。

まだ融資がおりる今このタイミングを逃さないよう、一度話しを聞いてみてはいかがでしょうか。

立花 秀一(たちばな ひでかず)

株式会社ウィルプライズ 取締役 荻原暁


荻原取締役のエージェントページ

新型コロナウイルスの影響を受け、これからの不動産投資業界の見通し

今の不動産投資業界はかなり流動的になってしまっていますので、この流動的の状況という大前提になりますが、金融機関が鍵を握っていると言っていいでしょう。

ワンルーム、一棟に関わらず不動産投資と切っても切れない関係が金融機関です。

現段階ですと、投資用ワンルームに融資をしている金融機関が貸付をストップしている(ところもある)状況です。 ただ、こちらは景気云々という理由ではなく、従業員保護の観点と言えます。

背景の理由はともかく、業務がストップした以上、融資を組んで購入する場合は買いにくくなると思います。 また、現在融資を出している所も評価が厳しくなり、今までと同じ額は出ないという動きにシフトチェンジしていくそうです。

一方、キャッシュで購入できる方もいらっしゃるとは思いますが、築年数の浅い投資用ワンルームに関しては現金で購入すると、最大限のメリットが享受できなくなるので、正直その判断は難しい所です。

上記の状況が続くようであれば、市況に物件が溢れ、買える人が減り、価格が下がっていく可能性があります。

ただ地方の区分マンションに関してですが、比較的安価なため現金購入を検討している方からのお問い合わせは、落ち込むことなく、むしろ反響が増えている物件もあります。

実際に弊社の仕入れ業務に関しては、売却ニーズが高まり物件自体の仕入れは全く問題ありません。

正直先々のことはわからないことですが、現段階の売却であればまだまだ高値で売却できる可能性があります。

このような非常事態に備えて、御社の体制について

都内とは打って変わり、地方区分マンションに関しては非常に活発です。 変わらず現金を持っている方が購入をしている状況です。

実際に話を聞いている限り、休業している会社や給料が下がってしまった方もたくさんいらっしゃるようですが、その問題・リスクを解決するために、不動産を購入するという方が多くなりました。

やはり給料以外の収入の大切さが、今回のコロナウイルスの件で皆様に伝わったのかなと思います。

現金を貯めることも大事ですが、ご自身が働けなくなったら、給料が下がったらなどのリスクを払拭できるのが不動産投資です。

もちろん利益を確定させ現金化するという考えも忘れてはいけないので、急いで物件を購入するのではなく、専門家に相談して運用方法などを明確にしていくことが重要です。

もし分からない事があればどんな些細な事でも構いませんので、ぜひご相談ください。

荻原 暁(おぎはら さとる)

株式会社SRコーポレーション マネジャー 高澤啓


高澤マネジャーのエージェントページ

新型コロナウイルスの影響を受け、これからの不動産投資業界の見通し

今回のように世界的な影響を受けているのはリーマンショック以来ではないでしょうか。

ただ、リーマンショック時は世界の国民全体を巻き込むような大事には至りませんでしたので、経済界、人体における影響はリーマンショックの比にならないかと思います。

また、コロナウィルスによる世界的な影響が一日でも早い終息を迎えられるよう、切に祈っております。

これからの不動産投資業界の見通しということですが、注目すべきポイントは、一般的な不動産投資は対個人に貸す「賃貸業」がメインになります。

コロナウィルスが拡大を見せる中、株価は急落を見せ不安定な状況に陥る中で、不動産投資はかなり安定感を見せております。賃貸業は家賃の変動もすぐにはありません。

引越しをする方がいないかというと、そんなことも無く衣食住の住に当たる不動産は、必需品であることに変わりなく、多くの契約が2年契約ですので、急な変動は見られません。

その後家賃が下落するかというご質問も頂くことがありますが、断言は出来ませんが、東京都心部の駅前で需要のある物件に関しては住みたい人がいる限り、家賃の下落は想像し辛いと考えています。

また、売買における状況も現状では地価の下落や物価の下落は起きておらず、実質的な価値は維持されていると見えます。

不動産投資に関しては、株や他の金融商品に比べて、こういった世界情勢においても強い安定感を示すことから、再注目を集めている状況で、弊社に関しましてもお客様からのお問い合わせが、コロナショック前よりも増えている状況です。

そして金融機関の貸出し金利に関しても現状変わらず、低金利のままです。

ただ、金融機関の一部営業縮小に伴い取引件数が減ることが予想されます。

また、金融機関は今後も事態が収まらなければ、新規顧客の獲得に消極的になることによりリーマンショック後のような、間口の狭さにより不動産投資を始めるチャンスを逃す人も出てくる可能性はあります。

現在も一部金融機関は、新規融資をストップしている状況でもあります。

逆に言うと、現在はまだまだ一部の金融機関では新規窓口を設けておりますので、不動産投資をお考えでしたら、全ての金融機関が閉鎖する前の今がオススメです。

このような非常事態に備えて、御社の体制について

弊社では、大勢のお客様が集まる大型セミナーの開催は、緊急事態宣言の前から自粛をしておりましたが、2名様までで、窓のある大きな会場で開放的なセミナーと、開放的なスペースでの個別面談を実施しております。

株価が下落する中、安定的な収益を確保している不動産投資に関する興味が、以前よりも増しているように感じます。

実際に弊社へのお問合せもコロナショック以前よりも増しており、会社としては基本在宅勤務方針にも関わらず、お陰様で毎日のように個別面談が入っております。

弊社は、都心厳選エリアでの中古マンション投資をメインに展開しておりますので、都心エリアの中古マンションをご検討されている方は、ぜひ一度ご連絡頂けたらと思います。

高澤 啓(たかざわ けい)

前篇では、下記4名の専門家にインタビューをさせて頂きました、ご興味がある方はぜひお読みください。

  • 株式会社SYLA         湯藤代表
  • 株式会社アップルハウス  鈴木代表
  • アンナアドバイザーズ(株)荒木代表
  • コモングッド(株)    鈴木代表

新型コロナウイルスの影響を受け不動産投資業界の見通しは?専門家の見解をご紹介(前篇)

あなたにおすすめの専門家

荒木 杏奈(あらき あんな)

荒木 杏奈(あらき あんな)

所属会社
アンナアドバイザーズ株式会社
担当エリア
全国
担当分野
海外不動産投資

5年間カンボジアに居住し、実際に自分も現地不動産を投資しています。現地法人を所有し、いち早く現地の情報をキャッチし、海外不動産投資初心者でも安心できる最適な提案をさせて頂きます。

この専門家に相談する

戸張 功士(とばり こうじ)

戸張 功士(とばり こうじ)

所属会社
グランヴァン株式会社
担当エリア
全国
担当分野
国内不動産投資

19年間不動産投資業界に一筋です。3,000組を超える資産運用のコンサルティング経験を活かし、各ご家庭のマネー問題の解決に奔走しております!

この専門家に相談する

関野 大介(せきの だいすけ)

所属会社
トラスティーパートナーズ株式会社
担当エリア
埼玉 千葉 東京 神奈川
担当分野
国内不動産投資 投資物件の売却 投資全般のコンサルティング 物件管理

弊社の強みは他社にはない「お客様との繋がりの深さ」です。パートナーシップを大切にしながら、洗練されたコンシェルジュがサポートさせて頂きます。

この専門家に相談する