不動産投資でお悩みの方へ

専門家に相談したい方はコチラ 知識を学びたい方はコチラ
Pocket
LINEで送る

T様は、会社の先輩がのお客様だったことから、ご紹介いただきました。

T様は自己資金はあまりないですが、先輩が不動産投資で成功したのを見て、自分も同じようにあまり自己資金を使わずに、資産増やしたいということで面談することになりました。

1、面談結果

面談した結果、「区分マンション投資からスタートし、その後一棟投資物件へとシフトチェンジ」することになりました。 

なぜ、こちらの結論になったか、以下にて説明していきます。 

2、ご相談者T様の属性

T様の属性は以下のとおりです。

  • ご年齢:30才 男性
  • 業界:メーカー
  • ご年収:720万円
  • 金融資産:100万円
  • 独身
  • 投資目的:資産を増やす
  • 相談内容:先輩のように自己資金はないが、何かできる不動産投資はあるのか

3、私の提案内容

T様は不動産投資の初心者だったことから、最初は不動産投資の概要を知ってもらう必要があったため、区分マンション投資と一棟マンション投資の特徴を伝えることから面談スタートしました。 

(1)まずは、区分マンションと一棟投資物件のそれぞれの特徴を説明

まず最初に、区分マンションと一棟投資物件について知っていただくため、それぞれの投資商品の特徴についてお話しました。 

①区分マンション投資の特徴

区分マンション投資は、大きく以下のような特徴が挙げられます。

  • 立地が最重要(地方だと難しい)
  • ローン返済期間中の手取り収入は「±1万円/月」
  • 東京都内の区分マンションであれば、築40年くらいでも融資が下りている実績あり
  • フルローンおりる物件が多く、自己資金が少なくても大丈夫
  • 年収400万円から購入可能

②一棟マンション投資の特徴

 一方、区分マンションと比較して、一棟マンション投資には以下の特徴があります。

  • 住まい、年収、金融資産によって購入できる物件及び金融機関が決まる
  • とにかく選択肢が多い
    Ex)収益性vs積算性
     地方vs都内
     売主vs仲介
     単身向けvsファミリータイプ
     新築vs中古
     個人vs法人
  • 管理会社次第で物件の将来がきまる
  • キャッシュフローがいい

つまり、10人の投資家がいれば、10通りの考え方・投資方法があります。

(2)T様の考え方・ご要望

収入はいいですが、出せる自己資金が限られていることから、いきなり一棟投資物件への投資は難しいと考えています。

しかし、一棟投資物件もゆくゆくやっていきたいので、物件の買い方、いますぐじゃなくても、将来に向けて一棟投資物件を購入できる投資プランを提案してほしいというご要望をいただきました。

(3)最終的な投資プラン

T様の場合、30歳でご年収720万円もあるという条件から、不動産投資をするには高属性と言えます。しかし、自己資金があまりないことから、いきなり一棟投資物件からではなく、管理手間があまりかからない、空室リスクも最小限におさえることができる「都内」「駅近」「築浅」の区分マンション投資からスタートすることにしました。

区分マンションを運営している間に、資産を増やしつつ、売却なども視野に入れて、タイミングをみて、一棟投資物件へのシフトチェンジをします。

また、「ご自身の属性」と「所有している期間情熱を持ち続けられるか」が、一棟マンション投資が成功するかどうかに大きく関わるに対して、空室や出費のストレスを感じることがほとんどない区分マンション投資からスタートされた方が、初心者のT様に適しているという判断でもあります。

担当者からの一言

T様は不動産投資に関して全くの初心者の状態でご相談を頂いたのですが、会社の先輩のご紹介ということもあり、最初から私のことを信頼していただき、様々なお話をしてくれました。その信頼関係があったことで、こちらとしてもかなり提案しやすく、最終的に私が販売している一棟投資物件に至らないのですが、T様にとっては「身の丈にあった投資プラン」なので、また、タイミングをみて、ご一緒できたらと楽しみにしています。

以下私の他のお客様の相談実例もピックアップしましたので、併せて読んでみてください

【金融資産4500万円サラリーマン男性】土地値の高い一棟物件投資スタートの実例

【年収1500万円のサラリーマン男性】金融資産700万円でも区分マンションスタートした実例