Pocket
LINEで送る

人気ドラマの「半沢直樹」が終わりましたが、あの人気ドラマにはある大きなテーマがありました。

そのテーマに沿って素晴らしい役者たちが演じたことで、多くの視聴者から支持を得られたのではないでしょうか。

今回は「半沢直樹」のドラマの魅力から、投資についての話をしたいと思います。

1、ドラマ「半沢直樹」がなぜ人気だったのか?

結論から申し上げますと、それは窮地からの逆転劇で、権力や難敵に打ち勝つ姿が清々しい気持ちにさせてくれるからではないでしょうか。

  • 「一発逆転」
  • 「逆転ホームラン」

誰もが夢を見ることがあるかと思いますが、果たしてこういった経験をどれだけの方が出来るのでしょうか。

現実的なお話をしますと、日本のサラリーマンの生涯所得は約2億円と言われています。

上場企業に勤務する場合の生涯年収は3億円といったところです。

  • その稼ぎの中で一体どれだけの資産が作れるのか?
  • 定年前にどれだけの貯金や不労所得を作れるのか?

この2つは人生100年時代における永遠のテーマと言えます。

ところが、この永遠のテーマから目を背けて、今の暮らしと向き合うことで、先のことは考えないようにしているような方が多く見られます。

そして50代になってから慌てる人が多いのですが、50代から資産形成をするにはあまりにも時間が無さすぎます。

人生とは限られた時間との闘いでもあるのです。

資産形成について詳しく知りたい方は、弊社サイトより資料請求お願いします。

資産形成の資料請求はコチラ!!

2、貯金の苦労と見返りの少なさ

貯金は高い意識を持って、生活を切り詰めていかないとなかなか出来ません。

年収700万円のサラリーマンでも手取りは500万円程度です。

その中で生活費や教育費や娯楽費を払っていって、果たして年間どのくらいの貯金ができるのでしょうか?

手取りを減らしている原因は「所得税・住民税」と「社会保険料」などの税金と保険料です。サラリーマンは給与から天引きされるため、ご自身でコントロールすることも難しいです。しかし、確定申告することによって払いすぎた税金の還付を受ける方法があります。

その方法は「不動産投資」です。不動産投資はこの2つの内「所得税・住民税」を抑えつつ、将来的には不労所得を生み出してくれる有効な投資商品です。

もちろん不動産投資をするには空室リスクなどのリスクがあります。リスクはゼロではありませんが、物件の立地と管理する業者選びを間違えなければ、そのようなリスクを最小限におさえることができます。投資を恐れて貯金だけする人生の方がよっぽどリスクがあると言えます。

皆さんは物価が上がってしまえば、お金の価値は目減りしてしまうことをご存じですか?

このことをインフレと言われています。

消費税が生まれるまでは100円で買えていた自販機の缶コーヒーは、130円になりました。

尾崎豊の歌詞のように100円を握りしめていても、自販機の缶ジュースが買えない時代になっているのです。

(もちろん例外的に100円で買える自販機も存在しますが、一般的な話です)

つまり物価が上がればお金の価値が下がり、1,000万円の価値も800万円になってしまうということです。

しかし、不動産投資をして不動産を持っていれば、お金の価値は下がりますが不動産の価値が上がるので、不動産を持つことによって有効的なインフレ対策と言えるでしょう。

3、生涯年収と投資の話

私は投資とお金のことを考えて頂く際によく下の質問をします。

いきなり「はい、3億円です。これであなたの一生を生活してみて下さい」と言われて、それっきり給与を一円も貰えなかったとしたら、あなたならどうするでしょうか。

これは、生涯年収の合計額を分割で受け取るのか、一括で受け取るのかの違いです。

その3億円を貯金?それとも投資?に対して、多くの方が投資と答えます。しかも「不動産投資」です。

不思議なものですが、不動産投資なんて考えたことも無かった方が

  • 3億円でビルを買って運用する」
  • 1億分マンション買って残りは貯金」

などと答える方がほとんどです。

いずれにしても「貯金する」とだけ答える方はいないのです。

なぜなら利息が付かないことを知っていて、貯金を切り崩す生活は不安と恐怖しかないからです。

これは「老後の生活」に似ていると思いませんか?

つまり、不労所得を現役の内に作らないと、一生働くか収入がない生活を迎えるかという未来が待っています。

仮に生涯平均年収750万円の方がいたとします。20歳から60歳まで40年働くとして、生涯年収は3億円です。

給与で貰うということは、3億円の人生投資をして750万円を年間で受け取るということです。

利回りで計算するとなんと2.5%という数字になります。

自身の時間と体を資本に投資としてつぎ込んで、その見返りが2.5%ということです。

いかがでしょうか?

このことに気づいている人がどれほどいるのでしょうか。

もし20歳の頃に一括で3億円渡されていたとして、そのお金で利回り4%で回っている都心のマンションを買っていたら

平均して年収は1,200万円です。多少の波はあるかもしれませんが、40年後の年収合計は48,000万円になっています。

さらに所有権付きの物件という資産を所有していますので、40年以降もお金が入ってきます。

人生100年経つ頃には、建て替えするかもしれませんが、それでも96000万円相当の年収合計なので建て替えも余裕で出来るはずです。

むしろ途中で物件を増やして資産収入を増やしていることでしょう。

つまり、長期に渡り資産形成していくのが不動産投資ならではのメリットと言えるのです。

ここまで仮の話をしていましたが、会社員や公務員、有資格者の方々はその社会的信用力を使ってマンション経営をすることが可能です。

この属性を使わずに、不労所得のない老後を過ごすのは勿体ない話です。

働きながら不労所得を確保できるマンション経営が少額の頭金で出来るのです。

さらにプロスポーツ選手などは選手寿命短いですし、芸能界なども水物です。

いまお金があるうちにマンション経営をしておくことが大切です。

AKBの指原莉乃さんは不労所得を既に作っているようです。芸能界は先が見えない世界ですから非常に賢明な判断だと言えます。

そしてこれに気付いた時がはじめ時です。

生涯給与所得は利回り2.5%と考えると、マンション経営は自分が働くことなく自由な時間と利回り4%の収入をもたらしてくれる、大変価値のある、効率のいい投資と言えます。

あなたにおすすめの専門家

三保 秀人(みほ ひでと)

■ 所属会社
FP事務所ワールドパートナーズ
■ 担当エリア
埼玉 千葉 東京 神奈川 その他の道府県も応相談
■ 担当分野
FP(ファイナンシャルプランナー)

ファイナンシャルプランナーとして、トータルの資産形成ができるようお客様の属性に合わせてアドバイスをさせて頂いております。

友部 隆博(ともべ たかひろ)

■ 所属会社
エンサイドコンサルティング株式会社
■ 担当エリア
埼玉 千葉 東京 神奈川 名古屋 大阪 福岡
■ 担当分野
税理士・公認会計士

公認会計士のノウハウを活かし、不動産に詳しいお金のプロとして、不動産投資をされているみなさまの税金のアドバイスをさせて頂いています。

新井 康之(あらい やすゆき)

■ 所属会社
株式会社AREXY
■ 担当エリア
全国
■ 担当分野
国内不動産投資 投資物件の売却 物件管理 保険商品

お客様を知り、感動していただくために「ヒアリング」を特に大切にし、営業とお客様という関係ではなく、未来を一緒に創っていく「パートナー」として、全力でサポートしていきます。

まとめ

少し長くなりましたが、先日街中でたまたま『半沢直樹』の堺雅人さんをお見かけした時に、彼はとても穏やかな表情で街中を歩いていました。きっと人生が充実しているからこそあの表情が出来るのだと思いました。

生涯働くとしても、時間を有意義に使いながら定年後の資産収入を確保できる投資は都心の不動産投資であることは間違いありません。

長く付き合える物件とパートナーを探したい方はいつでもご相談ください。