Pocket
LINEで送る

こちらの記事をお読みの方の中で、結婚を機に生命保険の見直しをしなければと思われている方も多いのではないでしょうか。

結婚前にすでに保険に加入されている場合、結婚することによって配偶者ができて、家族が増えることによって保障を増やさないといけないと思われている方も少なくないでしょう。

しかし、ご自身が勤務されている会社の公的保険の保障内容が手厚くだったり、今加入している保険が必要以上な保障内容だったりなど、実は損をしているケースも多くあります。

今回は人生の中で大きなイベントの一つである、結婚をした時の保険の見直しについて書かせていただきます。 

こちらの記事では、その際に気を付けるポイントを見ていきましょう。

1、結婚したら保険はどうなる?まずは現在の保険状況を整理する

結婚を機に保険見直しを考える前に、まずはお互いに自身がどのような保険に加入しているかを知ることから始まります。 

最も基本なのは保険の加入状況です。結婚をしたばかりの夫婦の場合、

  • 親が掛けていた
  • ご自身で入られていた
  • 保険に加入していない

3つのパターンが考えられます。

(1)親が掛けていた

1つ目のパターンとして親が保険をかけている場合です。

この場合、最も多いケースとしては定期付き終身保険があります。

更新を迎えた際に保険料の値上がりや自身の求めている保障とかけ離れている場合もあります。また、受取人が親になっている可能性もあるので配偶者に変更をしましょう。

(2)ご自身で入られていた

2つ目は職場や友人からの紹介でご自身が加入している場合です。

この場合、独身とはいえ高額な死亡保険に加入している場合もあります。配偶者ができたことによってその保障の割合を見直す必要があります。 

(3)保険に加入していない

3つ目は保険に加入していない場合です。

この場合は、現在の加入状況を気にせずに、配偶者の加入状況に合わせて新規加入、もしくは配偶者の保険に入れてもらうようにしましょう。 

まずは誰のために保険に加入をするかをもう一度考え、親に確認したりなどタンスの奥に眠っている証券ケースを見つけ自身の加入状況を確認してみましょう。 

2、お互いの会社の保障内容も確認する

保険を検討する際に見落としがちなのが会社の公的年金です。結婚のタイミングで保険をみなしするときに会社の公的年金も確認するようにしましょう。

例えば万が一配偶者が亡くなった場合など、国から「遺族年金」などが支給されるようになっております。そのような保障内容を知ることによって、余分な保険料を抑えることも可能となってきます。

  • お互いのかけている保障額が本当に自分たちに足りている保障なのか?
  • 多すぎてはいないか

などの見直しのポイントとして参考にしてみてください。 

とは言え、ご自身で公的保障と加入している保険の保障内容に重複していないかの確認は、なかなか難しいものですので、その場合、ぜひプロに相談してみてください。

3、これからの人生設計を話し合いする

独身時代と違って結婚後は二人で今後の人生について、お互いがどのように考えているかを話し合い、共有する必要が出てきます。

例えば、自宅を購入するタイミングや子供について考えることたくさんです。 

互いにどのような人生を送りたいかをしっかりと把握し、そのうえで必要な保障を決めていくことが保険を見直すうえで一つの大事なポイントとなってきます。

自宅を購入する時に団体信用生命保険に加入していれば、別で生命保険に加入する必要がなくなります。子どもができれば、教育費を貯めないといけなくなりますので、今まで加入していた生命保険を解約して、学資保険に加入するなど、そもそも選ぶ保険の種類が異なったり、必要とする保障内容も変わります

4、人生設計に合った保険に見直しする

一人一人、保障額や保障が必要な期間というのは異なってきます。

例えば、

  • 子供が生まれたら子供が成人になるまでの保障を手厚くしたい
  • 急に働けなくなった時に備え分厚い保障が欲しい
  • 生きているうちにずっと保障がほしい 

など、皆さんそれぞれが将来に対する考え方が異なるため、必要とされる保障も異なります。

(1)結婚したら生命保険は?

結婚したら一人じゃなくなるので、配偶者を守るという意味合いでも生命保険を 検討されている方はほとんどでしょう。

  • いくらの保険料を支払えるか
  • 保険金をいくらに設定するか
  • いくつまで保障が必要なのか

などのポイントで話し合って決めてください。

なお、結婚前にすでに生命保険に加入されている方は、保障内容の見直しが必須になりますので、忘れずにするようにしてください。

(2)結婚したら医療保険は?

万が一なケガ、病気の入院に備えて医療保険の加入を検討されている方は多いです。医療保険は掛け捨てで十分な保障を得られますので、安いプランでいいと思います。

なお、女性の場合は女性保険を検討されるケースもあります。その場合は、ご主人とは別にご自身の名義で女性保険への加入を検討してみてください。

これからの人生を歩んでいくうえで自身にとってどのような保障が必要なのか、誰の為にその保障が必要なのかをしっかりと考えたうえで、保険の見直しをしましょう。 

場合によって結婚する前に加入されていた保険を一旦解約して、新規で加入された方がメリットが大きい場合もあります。ぜひ我々プロに色々と相談してみてください。 

あなたにおすすめの専門家

荒木 杏奈(あらき あんな)

■ 所属会社
アンナアドバイザーズ株式会社
■ 担当エリア
全国
■ 担当分野
海外不動産投資

5年間カンボジアに居住し、実際に自分も現地不動産を投資しています。現地法人を所有し、いち早く現地の情報をキャッチし、海外不動産投資初心者でも安心できる最適な提案をさせて頂きます。

石田 渉(いしだ わたる)

■ 所属会社
株式会社Core Management
■ 担当エリア
栃木 埼玉 千葉 東京 神奈川 名古屋 大阪
■ 担当分野
保険商品

年間「300人」以上提案。お客様の資産背景、家族構成、投資目的など様々な条件から、保険、不動産投資など様々な投資商品と組み合わせたトータルコンサルティングをさせて頂いています。

木宮 瑛子(きのみや えいこ)

■ 所属会社
ベリーベスト法律事務所 大阪オフィス
■ 担当エリア
埼玉 千葉 東京 神奈川 静岡 京都 大阪 兵庫 奈良
■ 担当分野
司法書士

司法書士として、不動産の所有権・抵当権関係を登記、不動産投資での法人設立のお手伝いもさせて頂いています。

まとめ

今回は結婚を機に保険の見直しについて書きましたが、参考になりましたでしょうか。

保険の見直しを考える際には今一度、配偶者とこれからのライフプランを一緒に考えてじっくりと話し合ってください。

その中で言われるままに加入するのではなく、今の公的制度などを生かしながら見直しを考えることにより最適なプランができると思っています。

そのためには一緒に親身になり考えてくれる担当者がとても重要となってきますので、ぜひ一度相談してみましょう。

Pocket
LINEで送る