Pocket
LINEで送る

不動産投資と言っても、一棟物件投資、区分マンション投資などと複数のタイプがあります。それぞれの投資タイプにメリットとデメリットがあり、投資する目的やご自身の属性によって投資する物件のタイプが異なります。

こちらの記事をお読みの方の中で、区分マンション投資に興味を持ち、より詳しく知りたい方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、区分マンション投資のプロである私が、区分マンション投資のメリット、区分マンション投資ならではの魅力について詳しく書いていきます。これから区分マンション投資を検討されている方は、ぜひ最後まで読んでみてください。


  • 不動産投資所得を赤字にしたい一心で、「節税」ではなく「脱税」に なってしまう方も少なくないです。 税務署の方は税金のプロです。 バレていても税務監査に来ず、泳がされているケースも多いという意外な落とし穴があります。節税と脱税は紙一重。注意ポイントを知りたい方はぜひ最後までご覧ください。



  • コロナの終息が見えない中、 2021年の不動産投資市場はどうなるのでしょうか。 また、オリンピックが開催、もしくは中止になった場合 不動産投資への影響についても知っておきたいです。 実データを基づいて分かりやすく解説します。ぜひご覧ください。


1、区分マンション投資ならではの5つのメリット

区分マンション投資をするには、一棟投資物件と比較して大きく下記5つのメリットが挙げられます。

  • (1)物件価格が比較的安い
  • (2)立地を分散して所有することができる
  • (3)ほとんど管理の手間がかからない
  • (4)良い立地の物件を購入しやすい
  • (5)物件の維持費が安い

では、それぞれについて見ていきましょう。

2、物件価格が比較的安い

業界歴20年の著者である戸張さんに、不動産投資で失敗する人の特徴についてお話を伺いしました。ぜひご覧ください。

一棟投資物件と比較して、区分マンション投資は比較的物件価格が安くなります

新築物件なのか、中古物件なのかによって物件価格は異なりますが、都心の新築投資マンションだと3,0004,000万円が目安で、中古は築浅の場合2,0003,000万円が目安になります。

なお、築古で築年数が30年以上の物件に関しては、1,000万円台が目安になります。場合によって、1,000万円以下で購入できる物件もありますが、リフォームが必要になるケースが多いため、きちんとリフォーム費用も加味した上で、購入されることをオススメします。

3、立地を分散して所有することができる

一棟投資物件の場合、立地が悪い物件を購入してしまうと、空室リスクへの対策を立てるのは非常に難しいです。

一方、区分マンション投資の場合、所有する物件ごとに立地を分散することができます。立地を分散して物件を所有することは、空室リスクの回避策としては非常に有効的で、区分マンション投資だからできる対策とも言えます。

4、ほとんど管理の手間がかからない

一棟投資物件の場合、賃貸管理だけではなく、物件全体の管理、修繕計画を立てたり、定期的な点検など、物件に関する全ての業務をやる必要があります。

一方、区分マンション投資の場合、物件全体の管理は既に管理会社がやっていますので、修繕計画も立てられています。オーナーとしてやるのはあくまでも自分が所有している部屋の賃貸管理です。

なお、賃貸管理を信頼できる管理会社に依頼することができれば、毎月決まった日に家賃の入金確認をするくらいで区分マンション投資が成り立ちます。

5、良い立地の物件を購入しやすい

都心などの人気のあるエリアの一棟物件となると、億単位の金額となり、購入できる方はほんの一握りと限られています。

一方、区分マンション投資の場合、上記「2、物件価格が比較的安い」で書いたように、都心エリアでも比較的物件価格が安いため、購入しやすいと言えます。

また、良いエリアでは一棟物件の情報はなかなか出てこないですが、区分マンション投資の場合、比較的物件情報が多く出回っていますので、物件数という観点でも購入しやすいと言えるでしょう。

6、物件の維持費が安い

一棟投資物件の場合、屋根が壊れた、雨漏りなど物件全体に関連する様々な修繕が必要になるケースが多いです。また、一棟物件は修繕規模が大きく、数百万円単位のケースも多くあります。

一方、区分マンション投資の場合、マンション全体の修繕は修繕積立金があるため、大きな出費はあまりないと思って良いでしょう。部屋の中にあるエアコンなどの設備の修理を負担する形になります。

7、区分マンション投資のデメリットも知っておく

一方、区分マンション投資にはデメリットもあります。

大きく以下のようなデメリットが挙げられます。

  • 物件価格が安い分、1物件あたりの収益も少ない
  • 物件の管理体制が悪いと物件の価値が下がる
  • 1物件のみ所有する場合、空室になると収入がゼロになる

なお、区分マンション投資のデメリット、その回避策について詳しくは下記記事を参照にしてみてください。

8、区分マンション投資で成功するコツとは

最後に区分マンション投資で成功するためのコツについてご紹介します。

  • (1)信頼できる担当者を見つける
  • (2)身の丈に合った投資プランにする
  • (3)自分のタイミングでスタートする

では、それぞれについてみてみましょう。

(1)信頼できる担当者を見つける

不動産投資は数千万円もする大きな投資商品であり、そのため、高い専門知識も要します。ご自身で勉強して基礎知識を身につけることはできますが、やはり業界の最新の動き、良い物件情報を提供してもらうには、信頼できる担当者を見つけることは非常に重要です。

(2)身の丈に合った投資プランにする

不動産投資で失敗された方の多くは、ムリした投資プランで物件を購入し、返済ができなくなり自己破産まで追い込まれたケースです。

一方、成功した方が共通しているのは身の丈に合った投資プランだったことです。つまり、融資枠がいっぱいになるまで借りるなどムリした投資プランを組んで、常に返済に追い込まれるのではなく、余裕のある投資プランですることが大切です。

なお、信頼できる担当者をパートナーにすることができれば、あなたの属性に合った投資プランを提案してくれますので、安心できると言えるでしょう。

(3)自分のタイミングでスタートする

よくお客様から、「いつから投資をスタートしたらいいの?」と質問を頂くのですが、正直、正解はありません。

生活が落ち着かれてからが良いと思う方がいらっしゃいますが、人生は変化の連続です。転職や結婚などで「働き方」も変わり、出産・育児で「世帯収入」も減ることになります。自宅購入、教育資金、親の介護等で「支出」が増えることが予想されます。

どのタイミングが良いという正解はないですが、融資を活用して資産形成していく区分マンション投資は、始めるタイミングは早ければ早いほど投資の利益を長く享受できることは間違いないので、ベストなタイミングを逃さないよう、ぜひ専門家に相談してみましょう

あなたにおすすめの専門家

鈴木 優平

鈴木 優平(すずき ゆうへい)

所属会社
株式会社アップルハウス
担当エリア
埼玉 千葉 東京 神奈川 名古屋 大阪 福岡
担当分野
国内不動産投資

お金のパーソナルトレーナーとして、1,000件以上の家計をコンサルした経験を活かし、お客様の希望する未来に寄り添ったライフデザインをさせて頂いています。

この専門家に相談する

木宮 瑛子

木宮 瑛子(きのみや えいこ)

所属会社
ベリーベスト法律事務所 大阪オフィス
担当エリア
埼玉 千葉 東京 神奈川 静岡 京都 大阪 兵庫 奈良
担当分野
司法書士

司法書士として、不動産の所有権・抵当権関係を登記、不動産投資での法人設立のお手伝いもさせて頂いています。

この専門家に相談する

中山 隆弘

中山 隆弘(なかやま たかひろ)

所属会社
新百合ヶ丘総合法律事務所
担当エリア
全国
担当分野
弁護士

新司法試験に全国最年少で一発合格。不動産案件・相続案件をメインに、法律相談、交渉、裁判を問わずスピーディーかつ適切な対応させて頂いています。

この専門家に相談する

まとめ

今回は区分マンション投資のメリットについて書きましたが、参考になりましたでしょうか。

一棟物件投資と比較して、区分マンション投資ならではのメリットが多くありますが、デメリットがないわけではありません。ご自身の状況に合わせて、区分マンション投資を検討して頂けますと幸いです。少しでもご興味がある方は、ぜひ一度専門家に相談してみましょう。

カテゴリー: 不動産投資とは
Pocket
LINEで送る